whereaboutsの魅力を語りつくすブログです。
whereaboutsの商品を買うならネットがお買い得★

whereabouts

ウェアラバウツとは

whereaboutsとは

ウェアラバウツとは、アントワープ王立芸術アカデミーを卒の日本人デザイナー 福薗英貴(ふくぞの・ひでたか)のブランドである。2004年に東京コレクション ・デビュー。

ウェアラバウツの2007年春夏シーズンは、70年代のヒッピーやフラワーチルドレンのファッションをモチーフに、カラフルで「リラックス感」のあるコレクションを発表。柄や原色を多用したものや、パッチワーク加工、ベルボトム調のパンツなど、時代を反映したヒッピールックをはじめ、シンプルなミリタリーアイテムなど福薗さんらしい「現代風」のアイテムもそろった。ウェアラバウツの限定店では、ミリタリーの布で作ったバッグやデニムパンツなどのショップ限定商品も販売している。

whereabouts

ウェアラバウツのデザイナー

whereaboutsのデザイナー

ウェアラバウツを作ったのは、アントワープ王立芸術アカデミーを卒の日本人デザイナー 福薗英貴(ふくぞの・ひでたか)である。

1976年生まれ、熊本県出身のデザイナー、福薗英貴(ふくぞのひでたか)さんは、高校を卒業後、東京・パリで服飾を学んだ後にベルギーへと渡り、名門アントワープ王立芸術学院を卒業。帰国後、2004−05年秋冬シーズンに東京コレクションでデビューを飾り、現在注目を集める若手の一人として知られる。2005年9月には、ウェアラバウツを渋谷区神南1丁目に路面店をオープンした。

独特の世界観が大変な人気を呼んでいる。

whereabouts

ウェアラバウツのショップ情報

whereaboutsのショップ情報

ウェアラバウツのショップは東京都の渋谷にある。直営店は今のところこの一店舗しかないが、インターネットなどで探せば通販でウェラバウツを取り扱っているところは結構多くある。また、セレクトショップでウェアラバウツの商品を扱っていることもある。上手な買い物方法をしては、まずは店舗に行って実際の目で見て雰囲気を確認してから、ネットショッピングを使って安く購入するのが良いだろう。

■ WHEREABOUTS (直営店)   東京都渋谷区神南1-4-10

whereabouts

ウェアラバウツの意味

whereaboutsの意味

WHEREABOUTS(ウェアラバウツ)は、日本人ではじめてアントワープ王立芸術アカデミー(Royal Academy of Fine Arts Antwerp)を卒業した福薗 英貴氏によって2004年にスタートした。

ブランドのネームであるWHEREABOUTS(ウェアラバウツ)の意味は『居場所』と言う意味だそうだ。

WHEREABOUTS(ウェアラバウツ)は、デザイナーである福薗英貴氏の感性でクリエイトされ、ベーシックなデザインのアイテムに、独特のスパイスを効かせたアイテムを提供している。

whereabouts

ウェアラバウツができるまで

whereaboutsができるまで

ウェアラバウツの創始者である福薗英貴(Hideki Fukuzono)は1976年、熊本県に生まれる。高校を卒業後、東京、パリで服飾を学んだ後、アントワープに渡る。2002年、アントワープ王立芸術アカデミーを卒業。卒業後ヨーロッパのブランドからオファーを受けるが、断り帰国。

2002年に日本に帰国。帰国後に入社したアパレルメーカーから2004年ブランド「ウェアラバウツ」をスタート。「WHEREABOUTS」とは「居場所」という意味。ブランド設立当初は、ベーシックなコレクションを展開するが、表現の幅を広げるために「色」を取り入れていく。自身のファッションのテーマに「やぼったさとエレガンス」を上げている。

2004A/Wの東京コレクションにてブランド「ウェアラバウツ(WHEREABOUTS)」でデビュー。2005年9月、東京・渋谷に初の直営店をオープン。

2007年S/Sは、70年代のヒッピーのファッションをモチーフに、カラフルで「リラックス感」のあるコレクションを発表。原色を多用したもの、パッチワーク加工、など60年代後半〜70年代を反映したコレクションを発表。

2007年2月ラフォーレ原宿に期間限定店をオープン。

日本では直営店に他に、LOVELESS、バーニーズニューヨークを中心として全国のセレクトショップにて取り扱いがある。

2007年S/Sコレクション時に「エレガンスと武骨さをかねそなえた、両面性のある男性像を表現したい」とコメントしているようにそのデザインはワイルドで「ゴツイ」印象をうけるが、決して雑ではない。